2009年3月4日水曜日

んー。

タイトルがぜんぜん思い浮かばなくて二分くらい悩んでしまいました。
とある物書きの人は登場人物の名前を長くて十秒くらいで決めるらしいです。その代わりセンスがあるのかないのか、凡人の俺には判別のつかない名前を量産しています。俺も常に五秒以内で事を済ます訓練をしていれば、天鳳でもうちょっと余裕を持って打牌を選べるようになるのでしょうか。とりあえずコンビニで何を買うか迷うのをやめようと思います。優柔不断は大敵なりて。

今日のサンマ
3-3
めんどくさくなって途中でやめ。もしかしたら連続ノーホーラだったかもしれない。

今日のヨンマ
0-1-2-1
こちらも大して面白い展開がなかったし、4回も打てば上等と思うので打ち止め。
最近は鳳凰卓も落ち着いて、天鳳全体の空気もまったりしているような気がします。目新しい出来事といえば福地先生が公開対局を行うことでしょうか。
そういえば以前紹介した最高位戦だかが主催する大会がそろそろだった気がしますが、何の話題にもなっていないあたりに不安を感じます。

とりあえず反省だけしときましょう、の一枚目。

オーラス・親・19300点・3着目・ラス目とは1000点差

これ、リーチですかね?
リー棒出してラス落ちは避けたいところで、ダマ2400は対面から出れば次局満貫の親かぶりでラス落ちすることがなくなる。下家から出れば次局一人ノーテンでもまくられない。ツモならとりあえず良し。
とはいえ、2400和了ったところで大して差が出ないというのもまた事実。和了りやすい待ちを探してダマという感覚はアリかなと思いますが、ずっとダマでも良いものかどうか。どうもチートイは苦手です。
ま、ラス回避的にはダマということでお願いします。

今日の反省ベタオリ

俺は天鳳プレイヤー全体の中でも放銃率が低いほうですが、割とベタオリは苦手です。
単純に諦めが早いので終盤でも安牌抱えてるだけです。ので、こういう状況はもう無理。
正直読む手材料がなかったのでとりあえず東を打ったら単騎受けの18000刺さりました。チートイドラドラ裏裏でした。9600をリーチするひとは苦手です。
これよく見ると筋とワンチャンスで3pでも打っとけば良い話なのですが、そういう見落としをするからいつまで経っても6段に甘んじているのでしょう。


鳴き判断

これ3sチーするひと居ます?
この時はスルーしたけれど、とりあえず9s打って広く構えられるのはそんなに悪くはなさそう。2p4pを縦に引いてのペンチャンリーチとか、7s先入りのドラシャボリーチとか、あんまり打ちたくないんです。同卓者とは連戦中で、けっこう押してくるタイプだってことを把握していたので、押し返されて勝てるカタチにしたいという理由もありますが、そういう情報ってどこまで信頼できるか微妙ですよねー…。
でもま、流石にこれは鳴かなくて良いかなーという気がします。門前の手変わりもけっこうあるし、鳴くということは自分のツモを一回失うということだから、その辺の天秤が大事ですよね。

でも鳴いたほうが良いという説があればぜひ教えてほしいです。
俺が求めているのはより多くの意見と、自分に無い考え方。どれが正解かは知らないけれど、引き出しを増やすことは決して無駄になりませんよね。

ということでアラド戦記してきます
勤勉なフリは二行分くらいしかもたないブログランキングはこちら。

2 件のコメント:

Anonymous ウィドゥ さんは書きました...

う~ん、ドラドラでタンヤオシャンテンになるなら鳴いちゃいそうですねぇ。

どうもメンゼンならあがるのがしんどそうなのでさっさとタンヤオに確定させてスピード重視でいきたいと思います。

ただシャンテン数上がらない鳴きは自分も苦手なんで実戦で鳴けるかは微妙ですw

2009年3月5日 8:16  
Anonymous 大城遊佐 さんは書きました...

>>ウィドゥさん
鳴きはやっぱり難しいですよねぇ。4p2pとか7sであれば迷わずなのでしょうけれど…。判断基準がいつまでたっても定まりませんw

2009年3月5日 19:27  

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム