2009年2月26日木曜日

特上!


苦労しましたが、ようやくサンマが特上に来ました。
いや、どちらかというと偶然来られたという表現のほうが正しい気がします。
たぶん3~4ラス食ったらチャオるので、それまでは特で遊ばせてもらいましょう。
同卓するとRがおいしくないので気をつけてくださいませ。

こちらはヨンマのデータ。
サンマにかまけてばかりであんまり打ってないです。
もうすぐR2000を割りそうだけれど、まあ7段でもないのであまり関係のない話。
こちらは実力のわりにRがおいしいので同卓するとチャンスでしょう。

で、ちょっと今日は10時間くらい寝こけてしまったので何も書くことがなくて困っています。
今から打ってネタ探しをしても良いのだけれど、なんか目的が逆転している気がするので、牌譜からなんか探してきました。サンマの話にしようかとも思ったけれど、うたた寝して2局くらいツモ切り放置してた話しかできないのでまた今度。

鳴き1


鳴き2


鳴き3


鳴き4


鳴き5


鳴き6


いつか書こうと思って溜め込んでいた副露判断画像です。
鳴きについては何が正解なのか未だによくわかっておりませんが、こいつらは昔なら鳴いてないけど最近になって鳴くようになった画像の数々。

「鳴き1・2・6」の画像以外は8割くらいの確率で鳴くようになりました。それが成績に直結しているのかというとよくわかりませんが、鳴いたあとでもしっかり降りられるなら和了率UP、打点DOWN、和了平均巡目UPという感じで、ややプラスのような気がします。たぶん。

とりあえず個人的な副露判断としては、一副露でテンパイと、二副露でテンパイが見えるなら愚形残りでも問答無用。二副露で愚形残りシャンテンは微妙だけど場合によってやむなし、良形シャンテンならさほど問題なし。打点があれば迷わず。三副露する時は放銃覚悟で、でもオリることもある。ただし門前テンパイのことも忘れないでください、みたいな。
まああくまで大雑把な考え方なので、点数状況とか、先手を取られたりとか、巡目が遅すぎたり早すぎたり、残り塔子の良し悪しでフレキシブルに対応していければいいかなと。すみません。なんかそれっぽい単語を使ってみたかっただけです。つまるところ結構てきとうです。

なんかわかりづらい話ですけど、鳴き判断って強い人でもけっこう意見が分かれる局面が多いようですので、このへんのバランスは鳳凰卓を観戦するなり何なりで盗みたいものです。あと、上手い人は鳴いた後でも結構オリるので、そのへんにも鳴き技術の差が出るのかな?注目してみるといいかもしれません。

皆様は上の画像、どれを鳴きます? 付け焼刃の鳴き判断で食っていけるほど甘くないブログランキングはこちら。 

4 件のコメント:

Anonymous ウィドゥ さんは書きました...

1・3・6はほぼ絶対鳴きます。
他は微妙ですけど、2は絶対鳴けないなぁ。

う~~~~む(・'ω`・)

2009年2月26日 22:21  
Blogger 大城遊佐 さんは書きました...

>>ウィドゥさん
1は高打点ドラ使い確定で鳴いて良さそうですよね。3は門前シャボテンパイにうまみがないし、6はタンヤオ十分形が残るという感じでしょうか。2は68mを落としても良形塔子が残るし点数欲しいし、鳴かなくて良いですねw

ちなみにこの画像、どれか鳴いてないのがあるのですが、どれだか忘れてしまいました( =ω=)うーん

2009年2月26日 22:39  
Anonymous このきー さんは書きました...

5だけ鳴くか迷います。

2009年2月27日 18:26  
Anonymous 大城遊佐 さんは書きました...

>>このきーさん
なるほどです。一盃口が確定しているとこから副露いれるのどうかなーという気がしたのですが、最終形がシャボだと微妙?と思って鳴いちゃいました。7mくっつきとか3s引きの変化もあるし、もうちょっと腰をすえても良いのかもしれません( =ω=)

2009年2月27日 20:32  

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム